スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Light/Night

Light/Night



[魅力] オリキャラ燕穣悟郎
[作品の傾向] シリアス クロスオーバー アフター
[原作] 機動戦艦ナデシコ Fate/stay night
[ストーリー] 長編(更新中)





機動戦艦ナデシコとFateのクロスオーバー。

Fateは凛GOODエンディングの後日談。


凛とセイバーと共に、英国の時計塔に渡った衛宮士郎は、テンカワ・アキトと名乗るバイザーを付けた青年に出会う。
彼との出会いの後、士郎は英国での同級生で、口の利けない少女「沙夜」が持ち込んだ石の解析を行う。なんとその石は1000年以上も前に火星で人工的に製造されたものだった。


セイバーの忠告を無視した結果、雨に降られた士郎がセイバーの反応を予想したものが、全く同じものであったことが文章のtrickとして面白かった。

目的のために誰かを犠牲にするのかという遠坂凜に対して、燕穣悟郎が
「そうかな……では君が……例えば、シロウ君が君の目の前で惨殺されたとしようか。将来生まれるだろう君の子でもいい。それで、君にはその子を生き返らせ る手段があり、そのための人柱がいて、ましてやそれは君と無関係の人だとして。君は望まずにいられるか?」
「その質問は卑怯よ」
「そうだろう? 卑怯な話だよ。最愛の人を目の前で惨殺されて、甦らせる術があるというのにそれを望まず、正義だ良心だ法だ何だとどうして言える。どうして言っていられ る? 仮にそんなことが言えるなら、そいつにとってその人はそれ以下に過ぎなかったということだ。そして、私にとって彼女は天秤にかける以前の存在だった」
正しいかは兎も角、こういう理論もあるのだと示していて良かった。


[検索用タグ] TYPE-MOON_Fate SF_機動戦艦ナデシコ クロスオーバー_クロスオーバー 作品_SS 作品のジャンル_アフター ストーリー_長編(更新中含)_長編
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/11 18:07 ] 作品 | TB(0) | CM(0)


闇が深くなる夜明けの前に

闇が深くなる夜明けの前に



[魅力] ナデシコと銀河英雄伝説という同じSFだが、水と油のような作品同士のクロス
[作品の傾向] クロスオーバー IF SF 戦争 戦略 異世界転移 アフター
[原作] 機動戦艦ナデシコ 銀河英雄伝説
[ストーリー] 長編(更新中)



銀河英雄伝説と機動戦艦ナデシコのクロスオーバー作品。

「TVシリーズの最終話でボソンジャンプしたナデシコは、まったく知らない宙域にジャンプアウトする。ジャンプアウト早々に見たこともない大型の艦艇に攻撃されたナデシコは、そのピンチを勇将ウランフ提督率いる自由惑星同盟軍第10艦隊に助けられる。」という本編からの引用あらすじ


ナデシコと銀河英雄伝説というともにSFながら、真逆の方向を示している作品をうまく料理している。
銀河英雄伝説という巨大な世界観の中に、ナデシコを共存させているため、銀河英雄伝説に食われる部分も無い訳ではないが、ディストーションフィールドやグラビティブラストといったナデシコならではの装備もきちんと活躍出来ている。


ナデシコが自由惑星同盟側につくため、少しずつ自由惑星同盟が良くなっていくため、自由惑星同盟が好きな人にはきっとたまらないはず。

だからといって、銀河帝国側が冷遇されている訳でも無い。ラインハルトはもちろんのことだが、特に貴族側の意外な人物が意外な活躍をしてたりする。


[検索用タグ] 作品_SS クロスオーバー_クロスオーバー SF_機動戦艦ナデシコ SF_銀河英雄伝説 作品のジャンル_IF 作品のジャンル_アフター ストーリー_長編(更新中含)_長編
関連記事
[ 2014/03/30 21:39 ] 作品 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。