スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

流離う翼たち

流離う翼たち



[魅力] 作者がSEED本編のあまりの展開に我慢できなくなって、立ち上げた作品。SEED本編が戦闘しかやっていないのならば、この作品は政治、外交、戦略、戦術というように、文字通り「戦争」をやっているのが魅力。  SEEDがあまり好きじゃない人に、おすすめな作品。
[作品の傾向] 戦術 戦略 外交 戦争 クロスオーバー IF
[原作] 機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
[ストーリー] 長編(完結)



自分が知る中で、ガンダムSEEDのSSの中で最高峰の出来のSS作品。

同作者のガンダム外伝kanonが非常に面白かったのがきっかけ。


「さてさて、本編の余りの展開に我慢できなくなってとうとうこんな無茶な企画を立ち上げてしまいました
SEEDを1から再構成する完全アナザーストーリーです。AA視点で話が進み、オリキャラのキースと主役のキラの2人の視点で物語が進んで行きます。本編よりも戦争という危険な状況に巻き込まれていき、ストーリーは本編と違った展開を見せます。連合にもプラントにもそれぞれの正義があり、兵士達にも戦う理由が存在します。
キラ達だけが正義という事はありません。互いに譲れない何かがあるから戦ってしまう。守りたい何かがあるから武器を取った。私はそういう視点でこのストーリーを書いていきます。」
この本編一話後書きからの引用にあるように、SEED本編とは全く違った展開になります。



戦争は性能だけで決まるのではなく、戦術や戦略で決まるという戦争らしいことをやっている。
具体的にはどんなにMSが強くても、圧倒的多数の戦車や爆撃機に囲まれたら撃破されたりする。
本編以上に戦いに巻き込まれる民間人の描写もしっかり書かれているのも、ポイントが高い。
コーディネイターとナチュラルの身体能力差も、本編以上に詳しく書いてあって、もうこれが原作でいいよってレベル。


加えて本編凄く真面目なくせして、へんなところでギャグを挟んでくるので、シリアルな時もある(いい意味で)
正直私は、あんまりガンダムSEEDは好きではなかったが、この作品を読んでからそれまでの価値観をいい感じにぶっ壊されてしまうほどの、出来。



[検索用タグ] 作品_SS ガンダム_SEED 作品のジャンル_IF ストーリー_長編(更新中含)_長編 ストーリー_長編(更新中含)_完結
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/19 22:23 ] 作品 | TB(0) | CM(0)


Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた

Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた。



[魅力] もしもヤン・ウェンリーが、遠坂凜に召喚されたなら、六法全書と新聞を読んで、銀行と市役所に行く。 未来人で宇宙人なヤン・ウェンリーが見れるのはここだけ。
[作品の傾向] クロスオーバー IF アフター 
[原作] 銀河英雄伝説  Fate/stay night
[ストーリー] 長編(更新中)



Fate/stay nightと銀河英雄伝説のクロスオーバーSS。
銀河英雄伝説の「ヤン・ウェンリー」が遠坂凜のサーヴァントとして呼ばれたら……という設定。
そして英霊となったヤンが真っ先にしたのは、なんと六法全書と新聞を読み、そして市役所、銀行・図書館へ向かった。


まずヤンらしく戦う気がないし、そもそも戦えないというヤンらしい考え方で、聖杯戦争に関わっていく。少なくとも、こんなに六法全書が活躍するFateSSは初めて読んだ。


[検索用タグ] 作品_SS TYPE-MOON_Fate クロスオーバー_クロスオーバー SF_銀河英雄伝説 作品のジャンル_IF 作品のジャンル_アフター
関連記事
[ 2013/12/19 00:36 ] 作品 | TB(0) | CM(0)


ガンダム外伝KANON

ガンダム外伝KANON


[魅力] ぱっと見、色物のようなタイトルだけれども、中身は真面目も、大真面目な作品。ガンダムでガチな戦争をやっている。2部からの説得力の高さは、本当に凄い。
[作品の傾向] 戦略 戦術 外交 艦隊  クロスオーバー IF
[原作] 機動戦士ガンダム0083 機動戦士Zガンダム オリジナル など特にガンダム作品は多数(詳細は以下)。
[ストーリー] 長編(更新中)



ストーリーは1年戦争後から開始され、もしガンダムREONに出てくるFAMASが史実よりも先に決起していたら……というあらすじ。
だが、この作品は、ガンダムでありながら、第一部前半から少しずつ、二部からはガチな軍記物となっている。


イメージ的には、ガンダムに銀河英雄伝説を混ぜた感じである。
ある話では、まんま同じことをやっていたりするのは、銀河英雄伝説を知っているとにやにやできるかと。

しかし、銀河英雄伝説のように艦隊決戦や政争だけではなく、キチンとガンダムの要素であるMS戦をやっており、さらにMSの運用や開発までも、この作品は書かれており、ガンダムに詳しい人ほど染まりやすいかと。


ジムⅢの4機一個小隊、ジムⅢ36機一個大隊を編成するなど、他の作品ではなかなかお目にかかれないことも、設定されている。
またしたがって、主人公は一応相沢祐一(もちろんU1ではない)だけれども、登場人物全員が主人公と言える。



しかも、聞きなれないキャラクターや兵器がよく出てきて(ブレッダやスツーカ、ジューコフ中佐)、オリジナルかなと思うそれらは、実際にガンダムの設定上あったりする。
そのために、ギレンの野望独立戦争期をやった私でも、初めて読んだ時はオリジナル要素が見分けが付かなかった。
しかもストーリーを支えるオリジナルキャラクターが、その設定の魅力もあいまって、本当に見分けがつかない。
我こそガンダムに詳しいと思う人でも、読んでほしい作品の1つ。



主な参戦作品は
0080
0083
Z
ZZ
逆襲のシャア

センチネル
ブルーディスティニー
コロ落ち
戦略戦術大図鑑
MSV
MSX



kanon
one
moon.
air
とらいあんぐるハートシリーズ

To heart
と激しくカオスだが、そんなことが気にならないレベルで、面白い作品。
むしろ本編とのシリアスっぷりとのギャップが楽しめる。

[第二部の各勢力の原作との違い]
【エゥーゴ】
アムロ、ブライト、カミーユが原作よりも早期加入。
シャアが居ない代わりにジョニー・ライデン、ジェラルド・サカイが合流。
アクシズよりマシだが、補充が効きづらいことを考えなければ、Z系列を始めとしたガンダムを量産しており、各勢力の中では性能トップクラスを誇る。

面を支配はできないが、その場を支配できるため連邦よりも、ジオンよりの勢力。

[人材]2位
[兵器]1位
[生産]3位


【アクシズ】
シャア、ハマーン、デラーズを始めガトー、シン・マツナガといった一流の人材を抱える。
兵器はガザ系やザクⅢ、ドライセン、ゲーマルクといったように多種にわたる。
エゥーゴと同じく少数精鋭。


[人材]3位
[兵器]2位
[生産]4位



【ティターンズ】
唯一まともに連邦と戦える軍量を持った勢力。
人材は一流のバスクやヤザン、シロッコを抱えるが、他の超一流っぷりにはちょっと差がある。(さすがのシロッコも、アムロとカミーユの二人の相手はできないため)
もともと精鋭集団ということもあり、装備の更新が進んでおり、可変機であるシュツルムイェーガーやマラサイ、グーファーを抱えており、一番の強敵と言える。


[人材]4位
[兵器]3位
[生産]2位

【地球連邦軍】
地球圏で最大の規模を誇る勢力。
祐一たちを始め、超一流のパイロット、指揮官が集まっているが、守るべき軍であるため、数は圧倒的だが、質が他勢力に及ばない面もある。しかしそれでもガンダムMK-Ⅴやゼクアインといった高性能機を抱えている。


[人材]1位
[兵器]4位
[生産]1位



[検索用タグ] 作品_SS クロスオーバー_クロスオーバー key_kanon key_key クロスオーバー_多重クロス ガンダム_宇宙世紀 作品のジャンル_IF ストーリー_長編(更新中含)_長編
関連記事
[ 2013/12/16 23:24 ] 作品 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。