FC2ブログ

ボヘミアの醜聞

「シャーロック・ホームズの冒険」より「ボヘミアの醜聞

フォン・クラム伯爵と名乗る黒い覆面をつけた男性がホームズとワトソンの元を訪れる。
伯爵はさる高貴な方の使いであり、依頼内容はヨーロッパの王家に大きな傷をつけるスキャンダルを防ぎたいというものであった。



あの女ことホームズを出し抜いた女性「アイリーン・アドラー」の登場作品。
また、ホームズの観察力の高さを描いた作品でもある。
具体的には、ワトソンが玄関から部屋に続く何回と階段を見てはいるが、それが何段あるか知らないのに対し、17段あると答えるホームズ。流石である。



[検索用タグ]
関連記事
[ 2014/06/27 22:55 ] コナンドイル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turetudure.blog.fc2.com/tb.php/104-9c36e5df