失いし世界を持つ者たち

失いし世界を持つ者たち



[魅力] ガンダムでは珍しく、外交や補給をしっかりと描いている点。また後述のオリジナルキャラクターも魅力的であり、言うこと無しの作品。
[作品の傾向] 戦略 戦術 外交 クロスオーバー IF 異世界転移
[原作] 機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ 機動戦士ガンダムSEED ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに など
[ストーリー] 長編(更新中)




宇宙世紀0105年。マフティー動乱が終わりを迎え、ブライト・ノア率いる第13独立機動艦隊は、ダバオに向かっていた。
その最中、艦隊は嵐に遭遇し、気が付けば、艦隊ごとコズミック・イラの世界に転移していた。
そこで出会ったのは、アークエンジェルと10年前に行方不明になったはずの、アムロ・レイであった。


指揮官として大きく成長したブライトが主人公。




政治的には、ブルーコスモスの盟主だからという理由だけで、面会を断ったりせず、きちんとあって会話をしており、軍事的にはミノフスキー粒子や核融合炉といった技術の差を丁寧に描写している。


特に軍事的な描写としては、異世界転移したせいで、パーツが足りなくなってきていることに対し、どこまで技術を解放するかといった面も考慮されている。


登場人物もCCAを始め、AOZやムーンクライシスといった作品からかき集めてくる上に、非常に魅力的なオリジナルキャラクターが物語を盛り上げているのもポイントが高い。



特にチャールズ・スミス参謀は、この作品屈指の美味しいキャラクターである。基本的にエロ話をしたりするギャグキャラであるが、決めるときは決めてくれるキャラクターである。




[検索用タグ] クロスオーバー_多重クロス クロスオーバー_クロスオーバー 作品_SS ガンダム_宇宙世紀 ガンダム_SEED 作品のジャンル_IF 作品のジャンル_アフター ストーリー_長編(更新中含)_長編
関連記事
[ 2014/04/12 20:54 ] 作品 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turetudure.blog.fc2.com/tb.php/23-8e1546da