スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで


[魅力] 睡眠のために頑張る主人公
[作品の傾向] 異世界転生
[原作]  オリジナル
[ストーリー] 長編(更新中)


「せっかくだったけど、次の人に頼むとするよ」


神様が一つだけ願いをかなえてくれるというので、主人公は願った。
「はたらきたくない」
転生する前はメイドロボを作って、すべてを任せたいという理由でメイドロボの研究をしていた主人公、増田桂馬。
「おうちかえりたい」
というささやかな希望は聞き入れることなく、任された仕事はダンジョンの管理だった。
しかも一部屋しかなく、その一部屋も山賊に居座られてる状態の。

第695番のダンジョンコアである金髪ロリっ娘を願いを聞き入れ、山賊たちを追い出すのかと思いきや
「寝る」
そういって、システムを使い、蕎麦枕を召喚し寝始めるのだった。



よくある初期配置の敵をころころしたりするのではなくうまく利用したり、食事だけではなく排せつの問題を書いてるので、丁寧な描写が良い。

[検索用タグ]一次創作_一次創作
関連記事
[ 2015/06/10 22:26 ] 作品 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turetudure.blog.fc2.com/tb.php/310-889f4c64













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。