FC2ブログ

2017年上半期面白かった作品まとめ

3月~5月更新できませんでしたが、お試しで2017年上半期で面白かった作品を10個選んでみました
作品数的には昨年よりも少ないのですが、粒ぞろいで悩みました



やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです
政治的に、経済的にも決して富んでいるとは言えないボツワナで奇跡を起こしたセレツェ・カーマを主人公とした作品
そういやアフリカってあんまり知らないなという理由で読み始めた作品
いい意味で経済や歴史の論文を読んでいるような気持ちになります
番外のもしもの時の宗教裁判やモーリシャスの景色も歴史も面白いです
紹介記事



やる夫と佐々木のくだらない日常
テンポと独特のしゃべり方のやる夫、雰囲気が癖になる作品
安価なしの作品として個人的にトップかトップクラスでテンポが良いです
笑えるけれど甘いお話
紹介記事


サーニャの好きな人
こちらは特に雰囲気が好きな作品
ギャグ無しで甘いものが読みたいときに
紹介記事




【漫画で】MOTHER
少年少女が夏休みにちょっと冒険にいってきたそんなmotherを漫画にした作品
原作プレイ済みの人はもちろん、motherというタイトルは聞いたことあってもやったことない人にもおすすめ
けものフレンズやレジェンズ、デジモンといった作品が好きなら間違いなく好きになるだろう作品がmotherです


やる夫の『 天狗党乱記 』
尊攘と開国、どちらも国の為命をかけて戦った男たちの決して綺麗事で終わらなかった戦い
江戸から明治へ時代が変わる中で起きた戦争の醜さ、その爪痕がここに
同じく負けた五稜郭まで転戦した新選組や、白虎隊で知られる会津が綺麗に見えてくるくらい醜いです
紹介記事



s
最初はあまりにも特徴的なタイトルだったので、読み始めましたが、ふたを開けてみればとんでもない作品でした
R-18要素があるため、人によっては苦手という方もいるかもしれないけれど、とにかく全てを読んだ時の余韻が本当に素晴らしいので、序盤の数話で合わないと判断するにはとても惜しい作品
考え込まれた構成というのはこういう作品なのかもしれない
また感想がすごい難しい作品です
他の人の感想もぜひ聞きたくなります
紹介記事
続編にf


ホワイト・デッド・リデンプション
見習い保安官で悪党のやらない夫がかっこいい
西部劇や渋い男が主人公が好きな人におすすめ
紹介記事


逆襲のトリューニヒト
トリューニヒトの守護天使が勤労意欲に目覚めました
そしてそれはヤンにもラインハルトにも幸運と不幸の両方がかかることに
トリューニヒトが主人公なので同盟側の幸のほうが大きめ
紹介記事


やる夫は闘技場でお手軽エロを望むようです(仮)
R-18作品
お手軽エロは微かにですが、息をしています
シナリオ自体がシリアスだからしょうがないネ!
この作品を知るまでなのはのヴィクターは知らなかったのですが、この作品がきっかけでかなり好きになりました
紹介記事

[R18]闘技場エロス!『とある外道の冒険録/とある勇者の英雄譚』
人は選びますが、
R-18に加えntrなど外道なプレイがあるので、上の作品を全部じゃなくとも途中まで読んだあとにこっちを読むとひどさがより分かります(誉め言葉)
こっちのほうがお手軽エロしてるとかいうのはやめてさしあげよう
紹介記事


最近本当にやる夫ばかり読んでいるため、実質やる夫作品紹介ブログになっているので、ブログの名前を変えようかなーとか思ってたり
関連記事
[ 2017/07/13 20:13 ] おすすめ作品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turetudure.blog.fc2.com/tb.php/445-2788d7a0